2009年02月06日

睡眠薬なしで不眠症を克服する

睡眠薬なしで不眠症を克服する

ベッドに入るのが怖いぐらい不眠症だった私が、睡眠薬を飲む事もなく、今では赤ちゃんが眠りにつくように自然に眠れるようになった方法を公開します












*注意*



今からお話していく不眠克服法は

体力、性別、年齢、その全てに関係なく効果のでる

人間の本質から生み出された方法です。



ですが読んでもらえばわかりますが、

その秘匿性の高い内容ゆえに

私自身、医療関係者、製薬業界から抹殺されてしまう

可能性があると言う理由から

いつまで公開していられる分りませんから、

(特に製薬会社からの政治的圧力によりこのページを

閉鎖せざるを得なくなる可能性がある)



決して後回しにする事無く、

今すぐにこの手紙を

1文字たりとも読み飛ばすことの無いよう

慎重に読み進めて下さい・・・



まずは不眠克服法を実践された方の「生の声」をご覧ください。







東京都
一之瀬春香さん
平井さんへ

私はずっと睡眠薬をつかっていました。
それ無しでは眠れなくて、良くはないんだろうなぁ
とおもいながらも使い続けていました。

ですが、平井さんの方法を使い始めてから効果がでて
やっと睡眠薬なしで眠れるようになったのでご報告します。

私、もう一人子供がほしいと思っていました。

ですが、睡眠薬を飲んでる時は妊娠は無理
だなと諦めていたんです。

今はそれができるようになったのがうれしいです(*^_^*)

今回のことで新しい出発ができそうです。
ありがとうございました。




突然ですが・・・

あなたは以下のような考え方をしていませんか?



・ 眠ろうと思ってベッドに早く入ろうとしたりする。

・ ヒーリングのCDを聞けば眠れると思っている。

・ 睡眠薬代わりに寝酒をしている。

・ 眠るために夜ミルクやハーブティーなどを飲んだりする。

・ 不眠症は薬を飲まなくては解決しないと思っている。

・ 医者に行けば不眠症は解決するとおもっている。



もしこのような状態であったり、こういうことを考えているなら、

今すぐ考え方を変えるべきです。

なぜならこのような考えでは不眠症克服のための根本的解決にはならないからです。



「不眠はなかなか治らない・・・」



多くの方はこのように考えているかもしれませんが、


それは「睡眠薬を渡せばそれで終わりの現代医療」や

間違った不眠克服法の中にあなたが埋もれているからです。



バカみたいだけど、

昔の私はのび太君がうらやましかった・・・・



はじめまして、平井博文と申します。

私は過去に不眠症を患い、今は睡眠セラピストとして、

不眠症に悩む人のカウンセリングサービスをしているものです。



私はいまでこそこうやって偉そうに不眠克服法のお話をさせていただいておりますが、ずっと私自身が間違った方法を試していて眠れなくてどうしようもない身体だったのです。



寝ようとしても眠れなくて、とにかくベッドにいくのが嫌でした。



というのはどうせベッドにいっても眠れないことがわかっていたし、

それでも次の日に仕事にいかなくてはいけない。



その苦しみの中ですごすベッドという場所に嫌悪感すら覚えていました。



眠ろうとする、そうするといろいろ次の日の自分自身の状態や、「眠れないと健康に悪いんだろうなぁ」そういうことが頭にうかんで眠れない。


カーテンをすこしめくってみると朝日が見える。



たとえ寝れたとしても眠りが浅くてすぐ目覚めてしまい、そうするとまた眠れなくなる。



そういうことに対して、常に苛立ちを覚え、

次の日仕事にいっても自然とイライラが積もり、

日中は体がだるく、たまに体がフラっとする。

そんな状態の連続でした。



「寝なくても死なないから」と気軽に言う人を私は許せない!!



毎日がそういう状態ですから、「とにかく辛くて、もうどうにかしたい!なんとかしたい!」という状態がずっと続いていたのです。



それで友人や家族に相談します。



そうするとよく返ってきた言葉が、



「眠らなくても死なないから」



はっ!?こっちは真剣に相談してるのになんだよそれ!!

気軽にそんなこというな!!

私は今、悪循環のなかにずっとずっとつらいんだ!

死にそうなんだよ!!

どうしてそれをだれもわかってくれないんだよ!!

自分は眠れるから、自分はベッドで泣かないから、苦しくないから

そういえるんだろう!!



とても腹が立つし、涙がでてきました。



だれも私のことを理解してくれない、

だれもわかってくれない。



そういう気持ちでいっぱいだったのです。



睡眠薬や精神安定剤の寝起きにクルあのなんともえいない恐怖感はなんですか!?



そういうことが続いたので、なんとかしたいと思い、医者に行き、

睡眠薬と精神安定剤をもらいました。

おかげで眠れるときもありましたし、精神的にすっとするときもありました。



しかし・・・・



朝起きたときに、一気に恐怖感が爆発するのです。



辛い思いが薬で一時的に解されるのですが、

夜飲んで、寝たとします。

そうすると明け方軽く目を覚まします。

その時に心の中でいままで薬でだましていた部分が一気に爆発して、

恐怖と絶望感に溢れかえるのです。



これは、医者にいってもそんな副作用はないというのですが、

実際に睡眠薬や精神安定剤を飲んでいる知り合いにきくと

同じことがあるといいます。



わたしはこのとき、薬のおそろしさや、薬は結局身体をだましているだけだと

直感的に気付きました。



そして睡眠薬は依存性を高め、精神力を弱め、鬱気味にする

それを直感的に感じました。



「薬を断ち切らなくちゃ・・・」とその思いを私は強くしていったのです。



私は幸運にも睡眠薬なしで不眠症を克服する方法をアメリカで発見することができました。



日本でたくさんの書物などを読み、眠れるようになる方法を研究しました。

ハーブティーを飲んだり、寝る前にミルクを飲んだりと、

実際に試してみても

「どれが効果があるのか?わからない。」

そういう状態が続きました。



その時です。

友人の紹介でアメリカのある不眠症克服のコースを受講する機会にめぐまれました。



最初は英語のコースで戸惑いがありましたが、

学生時代からずっと英語を勉強していたこともあり、

どうしても不眠症を治したかったのでそのコースを受講することを決意しました。

そしてそのコースは文字通り私の運命を変えることとなったのです。



私はそのコースを受けたとき、目の前が開ける思いがしました。



なるほど・・・

これはすごい・・・

これが本当の理由で・・・

こうすれば治るのか・・・



私はそれからその不眠症克服法を日本でできる照準に合わせて、

アレンジし実践し始めました。



英文のテキストですが、それを辞書片手に読み込み、

それを自分でチェックシートを作って、実践をしました。



実践をして2ヶ月が立ちました。



すると・・・・



ウソみたいですが、

ベッドに入ったら眠れることが当たり前の身体になってしまったのです。。



今まで鬱憤を晴らすかのような満ち溢れたエネルギー



眠れるようになって一番感じたのは、

日中仕事をしている時の満ち溢れるエネルギーでした。



いままではなにか頼まれたりするのも

「ダルイなぁ・・・」

という気持ちが先行していたのですが、

そういう気持ちが段々無くなっていき、ちょっと表現は変かもしれませんが、

「オレに任せとけ!」という気持ちで仕事を受けれるようになりました。

それは日中エネルギーを感じられるからです。



そして、自分自身に自信がもてるようになりました。



私は睡眠薬を飲んでいたときは、ずっとなにかに依存している感じが

抜けませんでした。飲むことは嫌だけど、寝れないのが怖いので睡眠薬を飲むという悪循環は私の中から自分で立って生きているという自信を奪っていきました。

「私は睡眠薬なしでは眠れないからだになってしまったのか?」

それが睡眠薬を飲んでいるときの紛れも無い気持ちでしたから。



ですが、それが自分自身で立ち直ることができたのです。



それは薬に依存することなく、ある意味医者や薬に頼っていたのがバカらしいくらいに。



朝は爽快に目が覚める。

太陽の光がすがすがしく感じる。

仕事に行けば体が軽い。

同僚とニコヤカに挨拶している自分がいる。

一日中身体にエネルギーが満ち溢れている。

生きていることを幸せに感じる。

仕事が終われば家族との団欒を楽しめる。

ベッドにいけば、体が沈むのを感じていて、気付くまもなく眠りについている。



健常者にとっては普通のことなのかもしれませんが、

いままでそんなことはなく、

どちらかといえばイライラ感のほうが強かった

私にはそれがとても幸せに感じたのです。



私はその幸せをあなたにも感じてもらいたいと思います。



何故あなたは眠れるようにならないのか?



それは第一に今の不眠症医療が睡眠薬を渡せばそれで終わりの

その場しのぎの治療法が主流になっているからです。



お医者さんは薬をだすだけで根本的には解決してくれない・・・



不眠症で医者にいってそう思った人が何万人いたでしょうか。

睡眠薬はあなたも感じているとおり、あくまで一時しのぎです。



そしてもうひとつその裏には私達患者が知らない世界が広がっているのです・・・





ちょっと古いデータですが、これは主要睡眠薬の売上データの推移です。

ハルシオン、マイスリーなどあなたが知っている薬品があると思います。



2000年から2004年の間の5年間で売り上げが

倍以上になっているのが確認されると思います。

それは今も伸び続けています。



つまり今、睡眠薬は医薬品メーカーを支えるビックビジネスとなっているのです。



アメリカは日本より先行していることが多いですが、

医薬品業界は昨年、睡眠 薬の宣伝費で6億ドルも投じており、

これが アメリカでは、処方薬の売り上げを大幅にあげ、


そのおかげで、医薬品メーカーの利益は倍倍ゲームとなり、

一種の睡眠薬帝国をつくりあげているのです。


睡眠薬の売上増加は日本においても同じです。


この事態に対して、

ミネソタ大学のマーク・マホワルド博士は「広告の規模は常軌を逸している」

と痛烈に批判しています。


しかしどう考えてもここ何年かの間で睡眠薬を必要とするレベルの患者が

何倍にも増える要因など考えられません。



つまり患者である私達が不必要なものを掴まされている(カモ)にされている

可能性があるのです。



睡眠薬を使っている人はわかると思いますが、

飲んでいると段々と眠れなくなります。



そして睡眠薬は足されます。

そしてまたそれでも眠れなくなります。



私が知っている人で本当はそういうことをやっていはいけいなのですが、

どうしても眠れないので医者をハシゴして睡眠薬を集めたという人がいます。



そしてどんどん薬に依存していく身体になっていきます。

精神的にも弱まります。うつ病の併発などよくあることです。



そのあと私達に残るものはなんでしょうか。



それは莫大な医療費や薬代、精神的にもろくなった体だけではないでしょうか。

そんな私達を尻目に医者や製薬会社は肥やしをふやしていきます。



これは紛れも無い事実です。



第二に部分的な解決策のみで全体的なトータルな治療プログラムがない。



不眠症の原因というのは皆違う原因があります。

しかし、睡眠薬も含めて部分的なもので解決しようと思います。



ハーブティーを飲んだ。

夜ミルクを飲んだ。

ハルシオンを飲んだ。

朝光に当たってみた。

運動をしてみた。



一つ一つにつながりがないですし、一部の原因しかみてません。

そして多くの人はそれをやれば眠れると思っていて、

漠然として行動しているのでなお効果はあがりません。



また、ひとつひとつは正しいかもしれません。



ですが、それはどうしてそうなってるいるのですか?

あなたはそれが原因なのですか?



それがわからないと何をやっても効果などでません。



不眠症克服は全体的な視野をもってトータルで考える必要があります。



その場しのぎ、部分的な視野

それでは眠れるようになんてありません。

眠れない原因はひとそれぞれなのですから。



睡眠薬なしで眠れる身体になるための唯一の方法とは・・・



ではどうすればいいのか。


睡眠薬なしで不眠症を克服するハイパースリープシークレット
チョー簡単です。



@ 不眠症の根本的な理由とは本当は何のかということを理解する。

A その根本を踏まえた上で不眠症の原因をトータル的に対処できる科学的に効果が実証されたプログラムを実行する。



@というのは今の不眠症に対する医療で軽視しがちなものですが、とても大切なことです。なぜならここがしっかりしていないと、何の対策をしたとしてもそれがどうして役にたつのかということがわからず疑心難儀になって、その方法を信じてやることができなくなるということ。そして多くの人はここの本当の理由をわかっていません。



そしてこれがわかってるからこそ、薬に依存することがなく、

自分の足で立っているという自信をもてるのです。



この部分についてわかりやすく論理的に書いてある日本の書物を私は読んだことがありません。ここの部分は貴重であり、大切であります。



そして実はここの理論がしっかりすると、



眠りに入る時間さえもコントロールすることができます。

そんな魔術師みたいなことが可能となるのです。



不眠に苦しんでいるあなたにとっては夢のような話ですよね。

好きな時間に眠れるようになるのですから。



Aは部分的な治療ではなくて、トータルでプロデュースされた不眠症克服プログラムです。



部分的になにかをしてもそれは効果が出ない可能性が高いし、続きません。



それではなくて、しっかりと@の考えに根ざした、不眠症の原因をつぶしていくことによって、眠れる身体をつくっていくことができます。@がしっかりできていればAがなぜそれを行うという子とがわかり難なくこなせることでしょう。



そういうトータル的な不眠克服プログラムをこなしていくと、不眠だけではなく、

他のしらずに体の病んでいる部分も改善し、より眠れる身体になっていくのです。

つまりあなたの歪んでいる部分を自然な状態に戻します。



これは不眠大国のアメリカで多くの人を救ってきた方法ですし、

日本人にも無理なくこなすことができます。なにより私自身がその生き証人です。



つまり、しっかりこの方法を実践すればあなたも眠れるようになるのです。



睡眠薬をばら撒く現代社会に一石を投じてやる!!



そして私は思いました。



「眠れないことによる苦しみ、不安その辛さは誰よりも私が知っている。

私のような遠回りをしない為にも、この「不眠克服の方法」を

不眠症でこまっている全ての人に伝えることはできないだろうか・・・」



それは切実に不眠に悩んでいるひとのためになんとかしてあげたいという気持ちでした。



そしてもうひとつ・・・



もともと不眠症を治すのに薬なんて必要ないじゃないか?

人間の身体はもともと眠れるようにできているのに、なぜそれを最初に考えないで睡眠薬ばかりをばら撒く社会になってるんだ。

睡眠薬を渡せばそれで終わりの現代医療は医者と製薬会社を儲けさせるための仕組みじゃないのか?

私みたいに高いお金を払って、医者にいって結局その場しのぎで、根本には直っていない。お金を払って溝に捨てている・・・



そんな人を増やしていいのか???



絶対よくない!!



この睡眠薬中心の現代社会に一石を投じてやる!!



そう強く思いました。

こうして、私は



不眠克服の理論の核心を用いた方法を

「Hyper Sleep Secret」(ハイパー・スリープ・シークレット)

として一冊のマニュアルにまとめ上げ、

“”その全てを“”を公開することを決意したのです。



Hyper Sleep Secretとは?



「不眠症を克服するのに睡眠薬なんて必要が無い!睡眠薬中心の現在の不眠症治療に一石を投じる!」ことを理念に作成された不眠症克服マニュアルです。



「不眠症克服理論」と「不眠克服トータルプログラム」から構成されたこのマニュアルは不眠症のあなたを熟睡感とエネルギーに満ち溢れた新しい世界へ導きます!



このまさにシークレットマニュアルとでも言うべき、

「ハイパースリープシークレット」からあなたが入手できる情報を一部紹介すると・・・・



これが本当の原因だ!不眠症を克服するために絶対知らなくて はいけない不眠2大原因とは?

多くの人は余計な情報惑わされすぎです。不眠症の原因の根本とは何か?ということがわからないうちに不眠症対策なんてできるわけありません!つまりこれがわからなくて、いくら不眠対策しても意味ないのです。この不眠をもたらす二大原因を理解することによりあなたは最速で眠れる身体をつくっていけるでしょう。



人間を一気に睡眠へと誘う脳の爆睡スイッチとは?


人間は漠然と眠っているわけではないのです。それには理由があります。そして、人間を一気に爆睡へと誘う脳へのスイッチというものが存在します。この理論をマスターすることにより眠れなかったあなたは爆睡スイッチを押すことにより、自然と吸い込まれるように睡眠につくことができるでしょう。


フランスの実験でわかった!不眠に陥れる悪魔的現象とは?

フランスである歴史的実験がおこなわれました。その時に、不眠のメカニズムに対するあることがわかったのです。まさにこの状態は不眠に陥れる悪魔的現象でした。実はこれは知らずに私達の身体におこっていることです。それはまずいです。しかしこのメカニズムを理解することにより、悪魔的現象を避け、健全な身体を取り戻すことが可能となります。


これがある限り眠れません!不眠症をもたらす物質的要因と精神的要因とは?


不眠をもたらす要因として物質的要因と精神的要因があります。この二つをしっかりと潰していく必要があります。このマニュアルでその要因を学ぶことにより、見逃していた不眠症の原因に気付き、改善し、自然に睡眠をおこなう身体になっていることでしょう。



人口50万以上の都市では起こりえる不眠の実態とその克服法とは?

実は都市生活を送るものにとっておこりうる都市型の不眠の原因というものも存在します。ある人口50万都市(八王子市や宇都宮レベルの都市)でおこなわれた実験により、都市生活の不眠の原因を探っていきます。これにより都市生活における不眠の原因を発見し、潰していくことができます。



ベッドと睡眠にみる不眠の原因とは?

ベッドや布団は睡眠と密接にかかわっています。それは枕を変えろとかベッドを変えろとかの話ではありません。もっと根本的に不眠症克服のためにしらなくてはいけないことなのです。この関係を知ることにより、ベッドを睡眠へ導くひとつの装置として利用することができることでしょう。


「Prior Wakefulness」と呼ばれる睡眠概念を使った脅威の不眠克服法とは?

「Prior Wakefulness」は不眠克服のためにとってとても大切な概念です。これは睡眠戦略のための必要不可欠なものです。この概念をしっかりと理解することにより、間違った思い込みを脱出し、ただしい不眠克服法を実践することができるでしょう。


自然と眠りに付くような身体になるために絶対しらなくてはいけない指標とは?

ただ漠然と不眠克服をやっていっても、中途半端な結果しかでません。そうではなくて客観的な数字でひとつひとつの計測する必要があります。Hyper Sleep Secretではある睡眠克服のための指標をつかいます。これを用いることにより、自分自身がやってることが結果に結びついていることがわかり、より早く不眠を克服する子とができるでしょう。


まさに逆転の発想!不眠の苦しみから解き放たれる不眠克服トレーニング法とは?

通常の発想では不眠克服のために悪いことをやってしまいます。これは良かれとおもった行動が悪い方向へと結びつきやすいということです。これにより余計苦しんで、不安になります。この逆転の発想から生まれたトレーニング法を用いることにより、いままでもたなくてもいいのにもっていた不眠の苦しみと不安から脱出できるでしょう。


知らずにとっていた!睡眠有害物質とは?

身近にあるものでとると不眠に対する障害をもたらすのに、知らず知らずのうちにとってしまっているものというものがあります。そういう睡眠有害物質は何であるか、知ることによりスムーズな睡眠克服が可能となります。

最新の心理療法NLPを使った不眠要因分子殲滅作戦とは?
Hyper Sleep Secretはでは最新心理療法であるNLPとよばれる手法をつかいます。これは不眠克服にとって強力な武器になり、この手法を利用することにより余計な不眠要因分子を殲滅し、熟睡の海へと誘います。


このマニュアルを買った時点で発生する!すでにおこりうる不眠克服のプラス要因とは?

実はこのマニュアルをかったこと自体で不眠を克服する効果があります。それは読めばわかりますが、思ったより大きなものです。マニュアルを買って自分自身で直そうという勇気は間違いなく違った未来を導き出します。


不眠だけではなく、高コレステロールや高血圧も改善させる驚異のエクササイズとは?
Hyper Sleep Secretでもちいるある手法を使うことにより、不眠だけでなく、高コレステロールや高血圧までも改善させるエクササイズがあります。つまりそれだけより身体を健全な状態にもたらすエクササイズとなります。


米国のカリスマ健康指導者マンドルー博士が提唱する睡眠阻害因子を消滅させる方法とは?

米国には有名な健康指導者であるマンドルー博士という人がいます。この人が不眠克服のためのあることを提示しました。それを利用することにより、睡眠を阻害する一つの大きな原因を消滅させることができるのです。


不眠を克服するためにキーとなる、発想の転換とは?

本当に大切なのは○○○です。ですが、これは普通に考えていたら不眠症の人は気付きませんし、すでに述べたように逆のことをします。本当に大切なのは○○○です。この発想の転換が不眠克服のためのキーポイントとなります。


現代社会の不眠症を治すためにこそ知らなくてはいけない原始時代の生活システムとは?

現代社会には現代社会の不眠症の原因があります。それを克服するためには実は原始時代の戦闘システムを学ばなくてはいけなかったのです!「戦闘システム?戦い?なんだそれ?」と思われるかもしれませんが、原始時代の戦闘、生活システムを学ぶことにより、現代社会に住む私達が陥っている落とし穴に気付き、それを抜け出す方法を得ることができます。


あなたの潜在意識の中に知らずに埋め込まれている不安と焦りの原因とは?

実は不眠症の人特有の心の奥底にある間違った思い込みというものがあります。この思い込みは不安や焦りを生み、余計眠れない体にします。この間違った思い込みを取り除くことにより、あなたを不安や焦りから解放します。


日中のうとうと感を取り除け!そのために必要なこととは?

日中のうとうと感には原因があります。この状態で仕事をしてもいい仕事なんてできませんよね?このうとうと感はあることをすることにより取り除いていくことができます。一刻もはやくその手法をまなんで、よりより仕事をしてください。


休日というリラックスタイムに原因は発生!その気をつけなくてはいけないこととは?

休日はとてもリラックスした時間ですよね。ですがこのリラックスしているときに不眠症の原因は生じていたのです!これは気をつけなければいけないことです。それをしっかりと理解することによりより充実した休日をすごせることでしょう。





いままで述べたのはあくまで一部の内容です。

このマニュアルではいま述べたように不眠克服のために私がもてる知識を総動員し、

図解などを使用してわかりやすい言葉で徹底的に解説してあります。



これらはマニュアルを読み、実践することであなたにも可能のことなのです。



そして本書で公開している「不眠克服法」は

人間の根本をとらえた方法なので

たとえ100年以上前であろうと、現在も、そして

100年先、200年先であろうとも決して変ることなく有効な方法です。



それは、この方法こそが眠れない身体を自然と眠れる体にする根本的な方法だからです。





それでお値段はおいくらですか?



最初39800円にしようと思いました。



なぜなら、私がこの方法をマスターするまでにかかった費用や時間などを考えたら、それぐらいの対価をいただいて当然だとおもったからです。



そしてこの方法を知らずに、その人がこれからかかる睡眠薬代などの医療費考えたら3万円でも安すぎると思いました。睡眠薬を現在使っている人は3年〜5年使い続けるひともザラにいますから、その正当性がわかっていただけると思います。



睡眠薬は飲み続けても結局はその場しのぎです。

10年お金を使い続けたとしても直りません。



睡眠薬では10年お金をつかって、残るものはなにもないのです。



ですがこのマニュアルはそれを買えばずっと使い続けられます。

そして根本から不眠症を直していくことができます。



悩むことから真の意味で解放されます。



それで39800円なら安いと思いました。



ですが、



やはり親元を離れて一人暮らしをしている方、フリーターの方、学生の方、

いろいろな事情な人がいると思います。



未来の利益より、生活がくるしくて目の前のお金が大切な人。

そういう人がいると思います。



そういうふうに苦しんでいる人にもぜひこのマニュアルを使って

今の苦しみから楽になってもらいたい・・・
睡眠薬なしで不眠症を克服するハイパースリープシークレット

posted by 睡眠 at 18:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
睡眠薬なしで不眠症を克服
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。